一般的な相場

弁護士へ債権回収を依頼した場合、かかる費用の相場は着手金20~30万円に加えて、裁判等で回収した債権の一部と書類作成等に必要な実費です。費用の具体的な内訳を見てみましょう。

まず発生するのは相談料です。一般的には、弁護士へ相談するときは相談料が発生します。1時間につき1万円が相談料の相場です。ただし、初回相談料を無料にしている弁護士事務所もあるため、必ずしもこの限りではありません。

次に、着手金が発生します。実際に債権回収を依頼したときの基本的な料金です。着手金は民事調停や訴訟で20~30万円が相場と言います。ただし、内容証明郵便の送付や支払督促程度なら10万円以下で済むため、解決方法次第で安くなるケースもあるかもしれません。

成功報酬は、裁判等で債権回収ができたときに発生します。回収額に対して15~25%程度が一般的な相場です。なお、成功の基準は弁護士事務所で異なります。着手金0円で依頼できる代わりに、成功報酬の割合を30%近くに設定する弁護士事務所もあるようです。

債権回収の相場は依頼内容によって大きく異なります。相談料と着手金、成功報酬が費用の内訳となるため、自分が依頼したい案件次第で料金が変わることは覚えておきましょう。

筆者について

管理人

記事を表示 →