成功報酬の注意点

成功報酬の規定は弁護士事務所によって異なります。実際にお金が回収できなかったのに、成功報酬を請求されるケースも少なくありません。何をもって成功とするのかを事前に確認しないと、後から大きなトラブルになることが考えられるのです。

設定した金額で債権回収の裁判を行って勝訴したケースでは、成功報酬に関するトラブルが多いです。裁判に勝訴しても相手方の資力がなくて実際に支払いがなかった場合、債権者の手元にはお金が入りません。しかし、弁護士事務所は裁判に勝訴したため、債権者に成功報酬を請求します。したがって、弁護士費用だけを支払わなければならないのです。

実際に債権回収できた金額に応じて、成功報酬を請求する弁護士事務所もあります。この場合、裁判に勝訴したのにお金が入らず、弁護士事務所からは成功報酬を求められることはありません。着手金の支払い分は損失になりますが、相手方に資力がなければ債権者の手元にはお金が入らないので、弁護士事務所からの請求が発生しないのです。

債権回収の裁判等を行ったとき、成功報酬の取り決めは意外な注意点になります。事前に弁護士事務所に確認し、あとからトラブルに発展してしまわないように確認しておきましょう。

筆者について

管理人

記事を表示 →